So-net無料ブログ作成
検索選択

旅行なら楽天トラベル

辻仁成 中山美穂 [芸能]

 作家でミュージシャンの辻仁成が17日、フジテレビ系「バイキング」で“魔性の女”と“小悪魔的女”の違いを説明。MCの坂上忍から「で元奥さんは?」と突っ込まれ、言葉に詰まる一幕があったそうです
辻は2014年に歌手で女優の中山美穂と離婚している。

 番組では極秘離婚していた女優・葉月里緒奈について特集。“魔性の女”とも呼ばれる葉月のこれまでの恋愛遍歴などを紹介した。

 この話題で意見を求められた辻は「魔性の女ってどういう意味か分かりますか?国語的に言うと、対極的な言葉が小悪魔的女になりますが、この違い分かりますか?」と坂上に質問。

 坂上が「なんですか?」と聞くと、辻は「小悪魔的女は計算が高い。だからとにかく私はあの男を落とすと計算して自分が行動して小悪魔演じて(男性を)ゲットする」と持論を展開。一方の魔性の女については「まさに葉月さん。なぜ魔性の女と言われるかは議論されてなかったけど、彼女は天然。計算がない。自分の本能に従っている」と説明した。

 この持論に耳を傾けていた坂上だったが「質問していい?」と切り出すと「辻さんの元奥さんはどちら?」と直球質問。辻は思わず言葉を詰まらせ、それを見た坂上は「CM行こう!」と助け船。辻はカメラに向かってピースサインで坂上の質問には答えなかった。

 辻は2014年に歌手で女優の中山美穂と離婚。長男は辻が引き取りフランスで育てているようです

共通テーマ:芸能

YOSHIKI [芸能]

 16日に頸椎の緊急手術を受けることを発表したロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)が10日、ニコニコ生放送「キャラクター大賞2017応援SP」に電話出演したそうです

 YOSHIKIは「こういうふうになることは前から分かっていた」と心境を告白。「私生活もままならない状態で、痛み止めを飲んでいる」「24時間神経が暴走していて、ピアノの鍵盤に触れるだけでビリビリとする」など症状について語った。

 番組出演者から「待ってます」とエールを送られ、途中で言葉に詰まる場面も。今後予定されているツアーについて話が及ぶと「這ってでも行きたい」と話し、「また笑顔で会えるように頑張ります」とファンへメッセージを送った。

 生放送を視聴したファンからは、「YOSHIKI頑張れ!」「声を聴けてちょっと安心した」と言ったコメントや、「待ってるからゆっくり休んで」「這っては来ないで。身体を大事にして」など症状の深刻さを心配するコメントが多く寄せられた。

 YOSHIKIは16日に米・ロサンゼルスの病院で頚椎人工椎間板置換を受ける予定。激しいドラムプレイにより2009年に頸椎椎間孔狭窄症と診断され、頸椎椎弓切除、頸椎椎間孔切除の手術を受けたが、約半年前に頸椎椎間板ヘルニアが悪化した。手や腕に麻痺や強度のしびれなどの症状が表れ、演奏にも支障をきたしていたという。

共通テーマ:音楽

角淳一 さんま [芸能]

タレントの明石家さんま(61)が司会を務めた大阪・MBS(毎日放送)の開局65周年記念番組「実際どうなん!?大阪のテレビ」が7日、放送され、長年さんまと共演NGだったフリーパーソナリティー、角淳一(72)とさんまのテレビ初共演が実現したそうです

 さんまは「角さんもやっとこさ、この番組(同番組は『痛快!明石家電視台』のスピンオフ)に。共演するだけNGで。今日も断ってたらしいねん」と紹介。角は同局のアナウンサー出身で、看板番組「ちちんぷいぷい」の初代MCとして関西ではビッグネームだ。

 角は「ホントはイヤだったんですけど。さんまさんといえば草木もなびくじゃないですか。そんなことに関西人のプライドもあって、さんまさんと一緒に共演するってことは、僕にとっては美学に反するんですよ」と、長年さんまを共演NGにしていた理由を説明。

 今年、開催された音楽イベント会社の40周年イベントで角が司会、さんまがゲストとしたことで、共演が解禁されたという。

 角は一方で「さんまさんの番組は全部チェックしてます」と、さんま愛を隠さず。

 さんまが同局の看板ラジオ番組「MBSヤングタウン」に登場した頃、角も笑福亭鶴光と同番組のパーソナリティーを務めていたが、「田んぼに田んぼうなぎっておんねん」という話題だけで10分もたせるさんまのトークを聞き「これはもう時代は終わった」と思ったことを告白。最近も「千鳥の大悟の本名が山本っていうだけで5分もたしてる。こんな番組出たないわと思いましたね」と、称賛を惜しまなかったようです

そうゆうことね

共通テーマ:テレビ

安田美沙子 [芸能]

タレント、安田美沙子(35)が、第1子となる男児を出産した。所属事務所が6日、発表した。母子ともに健康で経過は良好だという。安田は書面でコメントを発表し、「私事ですが、この度男の子を出産致しました。私たち家族にとって、かけがえのない愛おしい存在がこの世に誕生してくれました」と喜びをかみしめたよう

おめでとうございます

 続けて「支えてくださった病院の先生方、助産婦さん、手を握ってくれていた主人、お仕事関係の方達、応援してくださっているみなさんに、感謝の言葉しかありません」とつづった。

 そして「双子である私を産んでくれた両親には、頭が上がらない思いです。まだまだ未熟な母ですが、一瞬一瞬を大切に感じて行ければと思います。大切な命を守るべく、これからの彼の人生を共に歩んで行きたいと思います」と気を引き締めたそう

 安田は2014年3月にデザイナー、下鳥直之氏(37)と結婚し、昨年11月に妊娠を発表していた。
タグ:安田美沙子

共通テーマ:芸能

加藤綾子アナ [芸能]

 フリーの加藤綾子アナウンサー(32)が3日、フジテレビ系「ホンマでっか!?TV」(後9・00)に出演し、脳科学者の澤口俊之氏から「一晩限りの関係が多い」などと疑いをかけられ、「多くないですよ」と怒りモードで激しく反論した。女子アナ嫌いのマツコ・デラックスも「本気で言っといたほうがいい」と加藤アナに味方したそうです

 澤口氏は「女性を物と見て簡単に浮気するかが分かる」との狙いで、男性ゲストに童謡の「桃太郎」を低音で歌うように求めた。菅田将暉らが順番に歌ったなか、澤口氏は加藤アナに「どなたが一番良かったか」と尋ねた。加藤アナは「一番印象に残っているのは間宮さん。すごい低い声だったので」と俳優の間宮祥太郎をあげた。

 澤口氏は「女性は男性に低い声で歌われると心を許しやすい」「男は性質として一夜限りでいいと思っている。モテて、とっかえひっかえする」などと持論を述べた上で「言っていいですか?だまされたでしょ?」と加藤アナに尋ねた。ここから加藤アナの本気の反論が始まった。

 加藤アナ「私?」

 澤口氏「じゃなければそういう答え出ませんよ」

 加藤アナ「ないですよ」

 澤口氏「ありますよ」

 一瞬の間。

 加藤アナ「ないですっ」。やや声を低めて不快感を表した。明石家さんまとブラックマヨネーズ小杉が加藤アナの剣幕に気づき、「本人がないと言ってますから」などと取りなした。

 澤口氏「だまされたか、一晩限りの関係が多かったか」

 加藤「多くないですよ!」。目をむいて本気で反論。笑顔は消えた。「ないですよ!ないですよ!」。女子アナ嫌いのマツコも「本気で言っといたほうがいい」と反論をすすめた。

 加藤アナ「ないですよ!そういうのでイメージ付くからやめてください!絶対ないんですけど。絶対ないです!」

 さんまは笑いながら「一晩限りが多いんですか?」

 加藤「ないですよ!1回もない!1回もない!」。ついに言葉から「です」も消えて激しく反論した。

共通テーマ:テレビ

GLAY [芸能]

ロックバンド・GLAYのベーシスト・JIROが体調不良のため、あす25日の石川・金沢歌劇座公演を欠席することが24日、わかった。バンドの公式サイトで発表された。あすの公演はTERU(Vo)、TAKURO(G)、HISASHI(G)が登壇し、予定していた演出内容を変更して実施。改めて5月24日に振替公演を行うそうです

 リーダーのTAKUROは公式サイトで「GLAYのベーシストであるJIROが突然の体調不良により、明日4月25日の金沢歌劇座での公演への出演する事が出来なくなりました。楽しみにしてくれていた方々には大変申し訳なく思っております」と陳謝。JIROの体調については「快方に向かっておりますが、お医者様のアドバイスもあり、大事を取り療養しております。健康が回復し次第ステージに戻って来ます」と説明した。

 あすの公演は中止にはせず「ボーカルのTERUやギターのHISASHIやコンサート制作スタッフと何度も協議を重ねた結果、中止という選択は取らず楽しみにしていてくれたファンの皆様へ出来る限りの事をしたいと思いステージに立つ所存であります」としている。

 TERUも自身のインスタグラムに上記の情報を掲載するとともに、金沢歌劇座のエントランス前で頭を下げている写真を掲載したそうです
タグ:GLAY

共通テーマ:音楽

綾瀬はるか [芸能]

ハワイで撮り下ろしを敢行した綾瀬はるかの最新写真集『BREATH』が好評発売中。そこで、彼女に今回のロケの思い出を直撃した

テーマを決めない写真集。それは撮影者と被写体のあいだに明確な信頼関係があって初めて成立する。出来上がった作品は必然的に、「綾瀬はるか」本人に肉薄したものとなる。

「たぶん、今までで一番素の私に近いものが写っています」

そう笑う彼女は、ロケの思い出を楽しそうに語ってくれた。

「スタッフさんに私の部屋のカギを預けておいて、朝起こしに来てそこからいきなり撮影が始まった日もありました。寝起きの顔、大丈夫かなって心配していたんですけど、(撮影者の)ヨーコさんが上手に撮ってくれた(笑)」

ハワイにいるあいだはずっと、時間があれば海に行っていた。

「泳ぐの、大好きなんですよ。ホテルのプールでもひとりで泳いで遊んだし、目の前の海に夜、こっそり入りにも行きました。子供の頃は、毎年夏になると家族で海に行っていて、その頃のことを思い出したりして、『ああ、海っていいなあ』って毎日思っていました」

さすがに途中で飽きてこなかったか?と質問をぶつける。すると、彼女は目を輝かせてこう言った。

「全然! やりたいことはたくさんありますから。波の強いところでボディボードをしたり、ゴーグルをつけて魚を探したり、沖のほうへ泳いで行ってみたり、どのくらいの深さまで潜れるか試したり。夕方になってスタッフの皆さんは帰りたがっているんですけど、『お願い! もうちょっとだけ!』って」

本作にはもちろん、彼女が堪能した海やビーチサイドでの写真も盛り込まれている。

「普段は、ジムで泳ぐときに着るような、地味な競技用の水着しか持っていないんです。今回は(スタイリストの)椎名さんが用意してくださったおしゃれなやつを着させていただきましたけど…。感想? 『くびれないなあ』ですかね(笑)」

そうして完成した一冊には、“ハワイの休日”とその“旅”を満喫する彼女の素顔が詰まっている。

「1ヵ月くらい旅してみたいですね。いろいろなものを見て、人に会って…それで最後には、やっぱり海に行きたい(笑)」

■綾瀬はるか(AYASE HARUKA)
1985年3月24日生まれ広島県出身
○2001年、女優デビュー。09年、映画『おっぱいバレー』で第52回ブルーリボン賞主演女優賞、第33回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。13年、NHK大河ドラマ『八重の桜』では主人公・新島八重を演じた。15年には『海街diary』で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞ほか受賞。現在、主演を務めるNHK大河ファンタジー『精霊の守り人』最終章は17年11月より放送開始予定
★綾瀬はるか写真集『BREATH』好評発売中!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

綾瀬はるか写真集 BREATH [ 綾瀬 はるか ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2017/4/19時点)



タグ:綾瀬はるか

共通テーマ:芸能

マドンナの娘ローデス [芸能]

マドンナの娘ローデスが、マイアミのビーチに寝そべって日光浴を楽しんでいる姿をパパラッチされている

ビキニを着用したローデスは、長い手足と抜群のプロポーションですっかり成長した肉体美を見せつけているが、腕を上げている写真からは、黒いワキ毛がしっかりと見えており、どうやらローデスもワキ毛についてはナチュラル派を貫いているよう

2015年あたりから、ローデスの母親のマドンナや、レディー・ガガ、マイリー・サイラスらが堂々とワキ毛の生えた姿を人前で披露するようになり、女性がワキ毛を剃らないのは、「女性はムダ毛を処理すべき」という社会的な固定観念に反抗することだと主張してきた。ローデスもこの点では母親の考え方を受け継いでいるようだ

「ローデスは綺麗。スタイルもいいしうらやましい」「唇にも、お尻にも、胸にも何も注入していない。清々しいね。ずっとこのままでいてほしい」「これがヘルシーな20歳の女の子のあるべき姿」
「ナチュラルで美しい体」「ワキ毛まで美しい」など英紙デイリー・メールのサイトには絶賛コメントが寄せられている

ローデスは恋人と噂されている青年と一緒にビーチへ来ていたようで、2人で抱き合ったり、ふざけ合ったりしている姿もまた微笑ましいと好感を得ているようです

共通テーマ:芸能

泉里香 [芸能]

モデルの泉里香が、13日発売の「週刊ヤングジャンプ」20号の表紙・巻頭グラビアを飾ったそう

11日に発売となった1st写真集「Rika!」が反響を呼んでいる泉。ハワイで撮影した同作より、未使用水着カットが同誌独占で掲載されるよう

超絶なプロポーションに透きとおるような白い柔肌、誰もが惚れる甘いビジュアル。零れ落ちそうな美バストに、曲線を描くくびれが目を引くスレンダーボディを堂々披露している

巻末グラビアは、次世代グラビアスターを発掘する企画「ゲンセキ2017」。4人目となる今回は、“レースクイーン・オブ・ザ・イヤー15-16”を獲得した、三城千咲が登場

スラリと伸びた手脚に完璧なボディライン、キレイな顔立ちはまさにトップオブレースクイーン。大人の色気と包容力にも注目
タグ:泉里香

共通テーマ:グラビア

さとう珠緒 MUTEKI 1億円オファー [芸能]

3月31日放送の『訂正させてください〜人生を狂わせたスキャンダル〜』(フジテレビ系)にタレントのさとう珠緒(44)と料理研究家の園山真希絵(39)が出演し、それぞれがオファーされたセクシービデオへの出演料を暴露するシーンがあったようです

まず園山は、自身の恋愛話になった際に「私けっこうお金とられやすいので」と語り、男性に貢いだ額はトータルすると5000万円近くになると明かし、スタジオを騒然とさせた

また、さとうは最近テレビの仕事が減っている理由について「自分が呼ばれなくなったのは、アシスタントプロデューサーに女性が多くなったから」だとした。さとうはぶりっ子キャラのため、男性ウケはいいが、女に嫌われるタレント1位という称号を持っており、それゆえ呼ばれないのではないか、と推測していた

そんなさとうに、極楽とんぼの加藤浩次(47)がセクシービデオについて「オファーがあったのは本当ですか?」と聞くと、さとうは「なんか、MUTEKIから、ちょっと1億円くらいでどうですか、みたいなのがあるんだけど」と打ち明けると、スタジオは騒然。「1億なの、すごいね!」と加藤が感心していると、それを横で聞いていた園山が「私、そんな額じゃなかった」とまさかの発言。驚いた加藤が、オファーの金額を尋ねると、園山はキョトンとした顔で「800万円ぐらい……」と答え、これには「安い〜」とスタジオ中が爆笑

園山はさらに「私、もっと安くでやっちゃったかも」と言い出し、フォト自叙伝を出したことがあると告白。ヒロミ(52)は、園山の今までのエピソードで明らかになっただまされやすさを踏まえて「危ない匂いがしますよ。ちょっと目を離したらすぐ出ちゃいますよ!!」と心配していた

「さとう珠緒は現在44歳とは思えぬ美貌と色気の持ち主ですが、それでも1億円のオファーはかなり破格。現在は有名セクシー女優でも1本150万円〜300万円なので、園山真希絵の800万円という金額も、かなりのものですよ」

共通テーマ:芸能

SEO対策テンプレート