So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

山本耕史 堀北真希 [芸能]

俳優の山本耕史(40)が15日放送のフジテレビ系「ウチくる!?」(日曜・正午)に出演し、妻で元女優の堀北真希さん(29)との結婚生活をのろけたそうです

 番組は俳優・浅利陽介(30)のゆかりの店や友人が登場する内容。山本は、2004年のNHK大河ドラマ「新選組!」で共演した浅利の友人として登場した。今でも「新選組!」で共演した俳優仲間で飲むことがあるといい、集まると最近の話題は「話すと奥さん自慢をします」と山本は話した。

 15年12月に大学時代の同級生と結婚した浅利が奥さん自慢をすると、山本は「ボクは言わないですよ。言わずもがなっていうのもありますけど」と話した。MCの中川翔子(32)から「家でもかわいいねって言うんですか?」などと聞かれると「しょっちゅう」とのろけた。さらに中川が、朝起きた時に(堀北さんが)隣にいるとどんな感じですか?と突っ込むと「ずっと夢から覚めない感じ」とさらにのろけまくっていた。

共通テーマ:芸能

竹野内豊 この声をきみに [芸能]

13日に放送予定だったNHKのドラマ「この声をきみに」(金曜後10・00)の第5話が、衆議院選挙に伴う政見放送のため、休止・延期となったようです
11日、番組公式サイトなどで発表された。第5話は20日に放送されるようです

 俳優の竹野内豊(46)がNHKドラマ初主演。2015年後期の連続テレビ小説「あさが来た」を手掛けた脚本家・大森美香氏によるオリジナル作品。人生を変えるため、朗読教室を訪れた偏屈な数学講師(竹野内)の姿を描く。

 9月8日の第1話も、放送中の午後10時23分ごろ秋田県で震度5強の地震が発生し、同24分から緊急の地震ニュースに切り替わり、途中打ち切りに。翌週の同15日に延期となって改めて冒頭から放送され、第2話以降は当初の予定から1週遅れになった。

共通テーマ:テレビ

あびる優 [芸能]

タレントのあびる優(31)の夫婦危機を「フライデー」(講談社)が報じているそうです
同誌は夫で格闘家の才賀紀左衛門(28)が、美人モデルとともに会員制ラウンジを訪れ、「あびるがウゼぇ」「離婚してぇ……」とボヤいていたこと、その女性と不倫中であり、あびるが奄美大島旅行している際に娘の面倒を実母に任せて不倫相手のマンションに一泊したり、不倫相手とホテルで食事したりなどしていると伝えた。
あびるは、9月17日の深夜にInstagramに「私、意を決して、悩みに悩んだ結果、数日間、家事育児お仕事の夏休みを取らせて頂く事にしました…」と投稿してから奄美大島に数日かけて旅行。その間、夫の才賀とその母が2歳の一人娘の世話をしていたようだ。ただ才賀のInstagramの23日の投稿では、「朝から娘と母とフラフラ東京を案内して夜は、お世話になってる方と食事」とあるのだが、「フライデー」の情報が確かならばその“お世話になってる方”は不倫相手ということになるのかもしれない。
上記の「家事育児休暇の報告」投稿もすぐに削除しているが、あびるは別のインスタ投稿もUP後即削除していた。夫が帰って来ないという内容で、明らかに夫婦の不仲を匂わせるものだ。
投稿時刻は深夜で「またこんな時間に目覚めた 足ツボマッサージって、Max何分コース? ちなみにまだ別居?はしてない段階です 相方さん、毎日、何処へ~」といった内容。足ツボマッサージに行くと言っていた夫が、深夜まで帰宅しないことに業を煮やしたのだろう。別居に言及しているということは、相当腹に据えかねているようだ。
そもそもあびるは、今年5月の時点で、夫への鬱憤がかなり溜まっていたと見える。5月18日、インスタに長文を投稿して話題となった。
「我が家は基本的に家事育児全般は私担当。娘はかわいいけど、やっぱり『なんで私だけ、、自由に眠れない、自由に外出できない、常に家事育児と奮闘しなくちゃいけないの、1人の時間がないの(泣き顔の絵文字)』って、心身の不満が爆発寸前、もしくは爆発する時があります」
「男性はお仕事やお付き合いを理由に何かと自由に、それも時間無制限で、外に出る機会も多く、それを羨ましくさえ思う私。また社会もそれが普通でしょ? 的な見解を示してる事も多くて」
「夫婦2人の大切な子供だから、パパが育児するのも当たり前。家族の大切なおうちだから、家事も家族でシェアしながらやるのが当たり前がいいと思う ましてや共働きの夫婦なら尚更ね」
こうしたあびるの叫びが、才賀にとっては「ウゼぇ」「離婚してぇ」につながったのだろうか。それとも先に「ウザくて離婚したい」気持ちがあって、家に寄り付かず、家事育児のシェアもしなくなったのか。どちらが先なのかはもはやわからない。ただ、才賀のインスタも新婚当初のラブラブぶりはナリをひそめ、妻の写真を投稿することはなくなっていた。かつては欠かさず「#美人妻」のハッシュタグをつけて美しい妻の写真を投稿し、惜しみない愛をアピールしていたにもかかわらずである。
永遠の愛を誓って結婚したはずが、わずか数年でこのような展開を迎えるとは残念だが、もしかしたらここから修復の道もゼロではないかもしれない。あびると才賀はお互いを認め、親として協力しあうことが出来るのだろうか
タグ:あびる優

共通テーマ:芸能

加藤浩次 安室奈美恵 [芸能]

9月22日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、安室奈美恵の引退についての捉え方の問題で、MCを務める極楽とんぼの加藤浩次が番組コメンテーターの編集者・山本由樹氏の意見に反論する場面があったようです

この日の番組ではiTunesの音楽ランキングでは引退発表前の20日付のランキングではベスト30に安室の楽曲はランクインしていなかったものの、引退発表翌日の21日付のランキングでは何と12曲もトップ30にランクインするなどといった、「アムロス」と呼ばれる社会現象が世間で起こっていることを紹介

それを受けて、山本氏は「あの、閉店セールってあるじゃないですか。延々閉店しないお店とか。こっから1年間閉店セールなんで、すごいビジネスとしては上手だなって思います」と、安室の引退を閉店セールに例えたコメントを披露

しかし、これに対し、加藤は「いや、閉店セールって…ちょっと違うと思うな。閉店セールっていうのは本当にダメになった店が、何とか最後に在庫を売り切ろう(とすること)だから。安室さんの場合は下がってないから!」と、異論を唱えたのだ

この加藤の猛反論を受け、山本氏は「じゃあ、違う言い方をするとプロレスラーの引退…」と、別のことに例えようとするも、加藤は山本氏をニラミつけるような厳しい顔つきで牽制するような構図ができあがり、「すみません。全然逆なこと言って…」と謝る展開に

さらに加藤は「引退を決めてビジネスにしようという意識は、今回の場合は正直ないなと思いますね。結果なったというだけ」とダメを押した

1つのニュースに様々な意見があることは当然で、その意味では、MCの加藤がコメンテーターを威圧するような態度をとったことは問題だろう。しかしネット上では「安室ちゃんの引退を閉店セール扱いは許せない」「加藤さんの意見に納得です」「山本さんには人の心がないのか?」「もしこれが閉店セールというのなら、もっと社会現象になったSMAPはビジネスのために解散したの?」など、今回の山本氏とのやりとりについては視聴者は加藤を支持しているようだ

「山本氏のツイッターのアカウントは8月から更新が止まっていますが、今回の発言で過去のツイートのコメント欄に批判が殺到して炎上状態。編集者らしいビジネス的観点のコメントということはわかりますが、あの言い方は安室ファンでなくてもイラっとしますよね。山本氏もスタジオの異様な空気を感じ取って、発言を訂正しようと試みていましたが、そのアイマイな感じにさらに嫌悪感を抱いた視聴者も多いようです」

共通テーマ:芸能

椿原慶子アナ [芸能]

局が視聴率低迷にあえぐ中、フジテレビの椿原慶子アナウンサー(31)は一人絶好調のようだ。10月2日から始まる夜のニュース番組『THE NEWS α』(月~金)のメインキャスターに抜擢され、これまでは同期の加藤綾子アナ(32・現フリー)の陰に隠れがちだったが、ついにフジの“夜の顔”にまで上り詰めた

 その好調ぶりはプライベートにも表われていたようです

 9月中旬の夜、椿原アナの自宅マンションの近くに1台のタクシーが停車。椿原アナが降りてもタクシーは発車しない。約1分後、高身長のイケメン男性が出てきて、椿原アナの約20メートル後ろを歩き始めた。探偵が尾行するかのように周囲を警戒しながら歩く男性は、総合設備会社のI社長(37)だ。

「2人は共通の知人の紹介で知り合って、今年の4月頃から付き合い始めました。彼女が人気アナだからか、外で会う時はかなり警戒していると聞いています」(I氏の知人)

 本誌もその警戒心の強さを垣間見た。I氏が椿原アナの自宅を何度も訪れる姿を見ているが、すぐには家に入らない。まず車で自宅の周りを2周“パトロール”するのがお決まりのコースだ。

 自宅に入る時も、隣のマンションに立ち寄り、数分置いてから入る徹底ぶり。警戒する理由は、過去の“教訓”があるからかもしれない。

 I氏は7年前、当時交際していたTBSの出水麻衣アナ(33)との“路チュー”をフライデーされたことがあった。

「それでも最近は椿原さんが契約する駐車場にIさんが堂々と愛車を停めるようになった。お互いの親に紹介しているようですし、結婚も遠くないかもしれません」(椿原アナの知人)

 椿原アナを直撃した。

──Iさんとの交際は順調ですか?

「えへへ。プライベートなことは会社の広報を通していただければと(笑い)」

──結婚が近いとも聞きました。

「全然、全然、そんなのまだです(笑い)」

──Iさんは相当警戒心が強いですが、“やましい交際”ではない?

「アハハ! そういうことではないけど、一応、週刊誌には気をつけていたので(笑い)」

 フジテレビは「社員のプライベートに関する質問には、お答えしておりません」(企業広報室)というのみだったが、椿原アナの対応は幸せオーラに溢れていた

共通テーマ:テレビ

嫌いなジャニーズ [芸能]

各芸能サイトで行われている『嫌いなジャニーズ』というアンケートで、多く1位になっているのが中居正広だそうです

「ファンは中居がテレビでいいことを言っても『すべて嘘にしか聞こえない』と話しています

『SMAP』の独立を画策しておきながら、ジャニーズ事務所に残ったからです。最近では、何もなかったようにテレビに出演していることが、SMAPファンにとっては腹立たしいといいます」

このようなアンケートでは大方が1位中居、2位に木村拓哉、3位が国分太一という結果になっている。ただし、2位と3位の差はほとんど変わらないか、2位が国分というものも少なくない

「木村はSMAPが解散するきっかけを作ったため、これまでは1位になることが多かった。しかし、最近になってジャニーズ事務所に忠誠を尽くした“忠義者”だという見方も広がっています。国分に関しては、リーダーでもないのに『TOKIO』の出演番組で司会役をやりたがることが多く、TOKIOの顔のような振る舞いをするため、以前から評判が悪いのです」

中居が元メンバーから嫌われていることをファンも知っている

中居に関しては、かつてのリーダーとして資質、人間性も疑われている

「9月8日でジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人に、中居がルイ・ヴィトンのバッグとグッチの洋服をそれぞれプレゼントしたことが判明しました。稲垣はこれを自宅マンションに来たワンボックスカーのなかで中居のマネジャーから受け取ったことが分かっていますが、草彅と香取は受け取りを拒否したところ、仕事の現場に置いていかれたそうです。草彅と香取は、中居のプレゼントは触りたくないということで、現在の仕事の窓口を務めている弁護士に依頼して、処分されたそうです。稲垣は受け取ったあとに、換金ショップに出したようです」

退所した3人と中居の関係について、次のような意見もある

「3人は中居といまさら友情を復活させようという気はありません。みんな中居の本性を見て、木村以上に嫌っているのです。ファンもお見通しです」

ファンはこういったプレゼントに関する情報も知っている。嫌われ者1位はしばらく不動のよう

共通テーマ:日記・雑感

夏菜 キャバ嬢 [芸能]

女優、夏菜(28)がインターネットテレビ局、AbemaTVの連続ドラマ「ハケンのキャバ嬢・彩華」(10月9日スタート、月曜後10・0)に主演することが17日、分かった。昼は地味なOLで夜は客のトラブルを解決する伝説のキャバクラ嬢になり、時代劇「必殺仕事人」の中村主水の二面性をほうふつさせる主人公を熱演。胸元と背中全開の衣装のドレス姿を初披露した夏菜は「スカッとする作品!」とアピールした

夏菜が“夜の蝶”となって、甘い蜜を吸う悪人たちを美しく成敗する

「ハケンのキャバ嬢・彩華」は、朝日放送とAbemaTVの初の共同制作オリジナルドラマ
夏菜が演じるのは、昼は信用金庫で働くさえないOL・花。彼女には裏の顔があり、夜になると大阪・ミナミのクラブで伝説のキャバ嬢・彩華に変身し、客や同僚のトラブルを解決していく

二面性があるキャラクターは、普段はうだつの上がらない同心だが、裏では悪を成敗する殺し屋に変身する「必殺仕事人」の主人公・中村主水に通じる。主水は剣の達人だが、彩華は“必殺技”の宴会ゲームで夜の街の悪を打ち負かす

取材に応じた夏菜は、胸の谷間と背中全開の真っ赤なドレスを着たキャバ嬢姿を披露。2011年公開の映画「GANTZ」で後ろ姿の全裸やセクシーボディースーツ姿を披露しているが、「『GANTZ』以来のセクシー度。がっつり出ています!」と露出度高めの衣装をアピールした

ネットドラマは地上波と比べて表現方法が幅広く、「女の子たちのおっぱいやお尻にも注目してください」とネット作品ならではの“特典”をお茶目に明かした

連ドラ主演は、12年度後期のNHK連続テレビ小説「純と愛」以来約5年ぶり。最近はバラエティーで見せるぶっちゃけキャラも注目されており、「私はドジな役が多いので、新たな一面を見てもらえるのでは」と女優魂を燃やしている

「スカッと気持ちよくなってもらえるし、いい意味でくだらなくておもしろい作品。演じていても、気持ちいいです」と瞳を輝かせる夏菜

共通テーマ:芸能

ナスD [芸能]

「番組では“絶対に落ちない染料”と繰り返し放送され黒い顔で旅を続けているナスDですが、じつはとっくに染料は落ちて肌も元の色に戻っているんです。でも視聴率維持のために彼自身が指示を出し、CG加工を駆使して放送を続けています」

今年4月にスタートし、人気を博している冒険バラエティ番組『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系)。高視聴率の要因となっているのが、“ナスD”の愛称で知られる取材ディレクター兼ゼネラルプロデューサーの友寄隆英氏(42)の存在だ。

5月2日に放送されたペルーの先住民の村を訪れた回で、タトゥーの染料となる『ウィト』という果実汁を塗りたくった友寄氏は全身真っ黒に。そのナス色に染まった見た目から名付けられた愛称が“ナスD”だ。

番組のために我が身を省みない彼の行動は話題を呼び、一気に番組の知名度を上げた。翌週の5月16日放送回では川をさかのぼる客船ヘンリー号に乗り込み、さらに奥地を目指すナスD。船に乗り込む際には、パスポートの写真と「肌の色が違う」と乗船拒否に遭う場面が放送された。だが、前出の番組関係者は、こう告白する。

「南米ロケは昨年12月18日~1月10日までと1月26日~2月16日までの2回行われました。友寄さんが“ウィト”を塗って黒くなったのは、2回目のロケ中のことです。ヘンリー号へ乗り込んだのはその1週間ほど後でしたが、じつはそのときにはすでに染料の大半は落ちていました。しかし友寄さんは『色が黒いほうがネットでバズる!』と、部下の編集スタッフに自分の顔をCGで黒く加工するよう指示したんです。CG修正を請け負っているのは、以前も友寄さんの番組を担当していたA社です。しかしその存在を表に出すわけにはいきませんから、『陸海空』のエンドロールにA社の名前はクレジットされていません」

今回、本誌が入手したのは、まさにそのヘンリー号に乗船中のナスDの画像だ。実際の放送では真っ黒になっている彼の顔はとくに目や鼻、口のまわりの色落ちが激しく、指先も含めてご覧のとおりのまだら模様になっている。取材テープすべてに“色づけ”をしているため、CG作業には膨大な手間と時間がかかっているという。

「A社でも人を増やして対応していますが、毎月、数百万円~1千万円ほどの作業費が発生しています。それでも手が回りきらず、修正が甘くなっていることがあって、友寄さん自身が『同業者が見たらバレないかな?』と心配していました。A社とやり取りしている作業指示や報告のメールは、“証拠”が残らぬように随時消去しています」(前出・番組関係者)

彼は一部週刊誌で「いま一番おもしろいテレビマン」と持ち上げられ、“じつはスタッフ思い”という感動エピソードまで披露されている。

「あれを読んで笑っちゃいましたよ。実際の友寄さんは“恐怖政治”を敷く超ワンマン。彼は『ずっと職場にいるヤツが偉い』という哲学を持っていて、スタッフの貢献度を作業時間で評価するんです。効率を上げて短時間で仕事を仕上げても、『作業時間が短い』と怒る。さらにはペナルティとして地味な作業を大量に押し付けるんです。結果的にスタッフ全員が友寄さんに痛い目に遭わされることを恐れて、彼が作業用に借り上げているマンション2部屋での長時間労働を強いられています」(テレビ朝日関係者)

本誌ではテレビ朝日広報部に事実確認を求めたが、返ってきたのは次のような返答だった。

《ご指摘のようなCG加工の事実はありません。なお現在放送中の部族アースは今年春ごろに撮影したものですので、友寄Dの様子については、今後の放送をお楽しみいただければと思います》
タグ:ナスD

共通テーマ:テレビ

今田美桜 福岡一の美少女 [芸能]

“福岡一の美少女”として注目を集める新人女優、今田美桜(みお、20)が10月スタートのフジテレビ系「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」(月曜後9・0)で月9デビューすることが10日、分かったそうです

4月にサンケイスポーツで全国メディアデビューした次世代女優は、オーディションでデリヘル嬢役をゲット。清純なイメージとのギャップで視聴者を虜にしそう

愛くるしい瞳とキラキラの笑顔で“福岡一の美少女”と話題の今田が、フジで一番注目されるドラマ枠に登場する

同作は、議員報酬目当てで市議選に立候補した篠原涼子(44)扮する主婦が、市政にはびこる悪や社会問題を斬っていく痛快市政エンターテインメント。今田が演じるのは、ある男と体の関係を持つデリヘル嬢・莉子役だ

天性の人懐っこさと勘の鋭さを持つキャラクターで、6月に行われたオーディションで制作側が「チャーミングさと飾らない自然体の演技に引き込まれた」と彼女に惚れ込み、抜てき。今田は「のだめカンタービレ」(2006年)など多くの月9作品を見て育ってきただけに「自分が出られるなんて信じられない」と大感激した

高校2年のときに地元・福岡でスカウトされてモデルデビューし、瞬く間に“福岡で一番かわいい女の子”と話題になった逸材。15年の初出演映画「罪の余白」で芝居に魅せられ、アジアで活躍できる女優を目指して昨年8月に上京した

今年4月にサンケイスポーツ企画「気になるあの娘」で全国メディアデビュー。19日に最終回を迎えるフジ系「僕たちがやりました」(火曜後9・0)では、永野芽郁(17)扮するヒロインの女子高生の同級生役を好演中で、デリヘル嬢役とのギャップに注目だ

今田は7月から今作の撮影に挑んでおり、当初は「天真爛漫でみんなを笑顔にする莉子を演じられるか不安でいっぱいだった」というが、篠原や高橋一生(36)ら大先輩たちに支えられて役に集中。「私は莉子ほどキャピキャピしていないので、そのテンションについていくのが大変ですが、とにかく体当たりで頑張ります!」と熱演を誓っている。フレッシュな演技で月9を盛り上げてくれそうですね

今田 美桜(いまだ・みお)

1997(平成9)年3月5日生まれ、20歳。福岡県出身。高校2年のときに地元でスカウトされ、芸能界入り。レギュラーを務めたテレビ西日本の深夜番組「GeeBee」や、同県柳川市観光アイドル「さげもんガールズ」としてのPRビデオ出演が話題に。12月2日公開の「デメキン」を含めて今年は映画3本に出演。趣味は語学勉強。特技は博多弁の早口言葉。1メートル57、B86W58H83

共通テーマ:テレビ

有吉 タメ口タレント [芸能]

タレントの有吉弘行(43)が7日、TBS系で放送された「櫻井・有吉 THE夜会」に出演。昨今、話題になっているタレントのタメ口問題について、「オレはその人を見ます」と狙ってやっていることが透けて見えるタレントはNGであることを明かしたそうです

 タレントのタメ口についてのトークで、さまぁ~ずの大竹一樹(49)が「おじさんになってくれば全然平気になってきちゃうけどね」と気にしないことを明かすと、有吉は「オレはその人(タメ口の人)を見ますよ。その人の才能とか資質とかを見ますよ」と厳しい意見。

 「タメ口とかをどういうつもりで使っているのかを。ナチュラルに出る人はいいけど、ちょっと狙い(が見える)○○(※実名)、ああいう子は潰れていくんだ。潰れていく子は潰れていく」と冷静に分析した。

 有吉が実名をあげた部分は、オンエア上は伏せられていたが、スタジオのメンバーは「出てる出てる」と発言。最近バラエティーなどで売れっ子のタレントであることが推察されたようです
タグ:有吉

共通テーマ:芸能

SEO対策テンプレート