So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

クソ野郎と美しき世界 [芸能]

先週末の動員ランキングで、『リメンバー・ミー』、『ボス・ベイビー』、『映画ドラえもん のび太の宝島』の「春の3強」(先週土曜日の時点で『のび太の宝島』は累計動員428万人を突破して、『ドラえもん』シリーズ最高動員記録を更新)に割って入ったのは、初登場3位の『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。土日2日間の動員19万2000人、興興収2億7300万円という数字は、日本でも子供人気に火がついたことで観客層が若い『ボス・ベイビー』を興収では上回って週末2位の成績。日本の配給会社がソーシャル・メディアで仕掛けたハッシュタグ「#マジジュマンジ」も、この手の企画にしては珍しく「当たり企画」となっていて、22年前のオリジナル作同様、海外と比べて日本では今一つ浸透度の低い同作の認知拡散に成功している

 今週注目したいのは、8位に初登場した元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が主演したオムニバス作品『クソ野郎と美しき世界』。4月6日金曜日から全国86スクリーンで2週間限定公開されている同作は、公開3日間で8万7528人、4月10日までの5日間で11万2504人を動員。女性客の入場料が割引となる水曜日(レディースデイ)の4月11日には、デイリーランキングでトップ3に食い込むほどの健闘を見せている。

 6日に行われた公開初日の舞台挨拶で「目標動員15万人」という数字が発表された『クソ野郎と美しき世界』。このペースだとかなり早い段階で目標動員を達成する見込みだが、そもそもこのように製作者サイドがここまで具体的かつ現実的な数字を掲げるのは異例のこと。公開館や公開期間が限定されていることも含め、興行的な観点からすると、とにかく『クソ野郎と美しき世界』は異例づくしの作品なのだ。

 実は『クソ野郎と美しき世界』は、事前にマスコミ向けの試写もおこなわなかった。そのような作品には、これまでいくつかのケースがある。

 一つ目は、作品が完成するのが公開前ギリギリで、公開までに試写を回す時間がないというケース。国内のアニメ作品などで稀にあって、予定されていた試写が直前で中止になるようなこともある。二つ目は、戦略的に試写を回さないというケース。制作・製作・共同配給がカラーになってからの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズがそれにあたり、同じ庵野秀明が総監督を務めた2016年の『シン・ゴジラ』も東宝配給作品としては異例なことにごく一部の関係者試写しかおこなわれなかった。三つ目は、世界同時公開の大作などで、海外の配給元から試写が禁じられているケース。ディズニーになってからの『スター・ウォーズ』シリーズがこれにあたる。四つ目は、作品の仕上がりに自信を持てず、公開前に悪評が広まるのを危惧して、製作サイドや配給サイドがあえて試写を回さないケース。近年も、実際に国内ホラー映画作品などにあった。五つ目は、ファンしか観ないような極端なファンムービーであることから、批評が興行に影響しないと判断されて、同じく製作サイドや配給サイドがあえて試写を回さないケース。最後に、単純に試写会をやる宣伝予算がないケース。

 『クソ野郎と美しき世界』がどのケースにあたるのかは明確にされていないが、一般向けの試写もなかったことから、一つ目の「完成がギリギリだった」と二つ目の「戦略的」のいずれか(もしくはその両方)あたりが濃厚と思われる。二つ目の「戦略的」と、四つ目の「作品に自信がない」や五つ目の「極端なファンムービー」は現象面では似ているものの、長年映画の仕事をしている立場としては、その受け止め方は大いに異なる。現在の興行の好調ぶりを見るにつけ、もう少し大きな公開規模、長い上映期間でもよかったような気もするが、目標を確実に達成させるためにはこれが最善の策だったのかもしれない。「新しい地図」は他の分野同様、映画興行の世界でも新しい試みをして、一定の成功を収めつつある。

共通テーマ:映画

榮倉奈々 [芸能]

女優の榮倉奈々が、映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』のインスタグラム、『妻ふり』日記で9日、ケチャップまみれの“死んだふり”写真を投稿したようです

ファンから「リアルです」と反響が寄せられている


 「ケチャップは、料理にも血のりにも使えて便利ですね」「#今夜は #オムライス」というハッシュタグで投稿されたのは、榮倉がラグマットの上で意識を失ったように横たわる衝撃的な写真。口元とTシャツを汚すのは、血のように見えるがケチャップのようだ。

 このリアルな“死んだふり”に対しファンからは「ケチャップなんですか!?!?笑」「一瞬、奈々ちゃん大丈夫!? となりました。死んだふり!ですよね!とてもリアルでびっくりです~!」と驚きのコメントが殺到。「奈々ちゃんだからケチャップでも美しい」「かわいい」「私もケチャップで血のり風に使ってみようと思います」といった称賛や好感を示す声も見られた。

 映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』は6月8日より全国公開。“『妻ふり』日記”インスタグラムは、安田顕演じる夫・じゅんが執筆している体裁になっている。
タグ:榮倉奈々

共通テーマ:テレビ

花のち晴れ~花男 Next Season~ [芸能]

King & Princeの平野紫耀が7日、東京・恵比寿ガーデンルームで行われたTBS系連続ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(毎週火曜 後10:00)試写会後舞台あいさつに登壇。漫画・ドラマ・映画と大ヒットした『花より男子』シリーズの新たな物語を描く今回、第1話では嵐・松本潤演じる道明寺司が、映画『花より男子F』(2008)以来10年ぶりに登場することが明らかに。先輩・松本の人気キャラ復活に平野は「あれは『うわ~道明寺だ!』ってなりました。ずっと(中川)大志とその話で盛り上がってました」と大興奮していたようです

 道明寺ら率いるセレブ軍団“F4”が卒業して10年後の英徳学園を舞台に、人に言えない“ヒミツ”を抱えた新世代のキャラクターたちが巻き起こす痛快青春ラブストーリー。平野演じる学園のカリスマ・神楽木晴は道明寺に強い憧れを持っているという役どころで、晴の幼少時代の回想シーンで道明寺が登場する。

 直接共演はなかったものの後日、平野とともに道明寺の登場シーンをモニターで鑑賞したという中川は「もう2人で震え上がりました。感動しちゃって…」としみじみ。平野は松本からマネージャーを通して連絡をもらったそうで「『気張らずにカッコつけずに演ったらいいよ』ってアドバイスをいただきました」とうれしそうに報告した。

 連ドラ放送時は毎週楽しみにしていたという主演の杉咲花、平野、中川。『花男』で牧野つくし(井上真央)が着用したものと同じブレザーに袖を通した杉咲は「鳥肌が経ちました。つくしさんと同じ服を着ていると思うとうれしくて」と憧れの衣装に夢心地。原作にあわせてロングヘアも30センチほどカットし「こんなに短いのは初めて。生まれて伸びてくる時以来…」とはにかんだ。

 すでにクランクインから2ヶ月が立ち、杉咲は「毎日楽しくてスケジュール的にきつい日もあるんですけど、一日休みが空いただけでみんなに会いたくなって演技がしたくなるくらい愉快で楽しくて、愛おしくてたまらない現場」というほどすっかりキャスト一同和気あいあいとした雰囲気。「どんどんチームワークがよくなってる気がするのでこれからも面白い作品をつくれるように頑張ります」と決意表明した。

 このほか濱田龍臣、飯豊まりえ、今田美桜、鈴木仁、中田圭祐が参加。舞台あいさつ後には『花男』のロケ地としても知られる恵比寿ガーデンプレイスでレッドカーペットイベントを実施し、約1000人の歓声を浴びていた。

共通テーマ:テレビ

SEO対策テンプレート