So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

旅行なら楽天トラベル
前の3件 | -

アカデミー賞候補入り [ニュース]

1月22日(日本時間)、第91回アカデミー賞のノミネーションが発表され、外国語映画賞の候補対象作に選出されていた是枝裕和監督の『万引き家族』がノミネートを果たした。細田守監督の『未来のミライ』も長編アニメーション部門にノミネートし、日本からは2作品がアカデミー賞候補入りとなったようです

昨年12月にアカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、外国語映画賞の候補対象となる9作を選出。その中にはコロンビアの『Birds of Passage』、デンマークの『THE GUILTY/ギルティ』、ドイツの『Never Look Away』(原題)、カザフスタンの『Ayka』(原題)、レバノンの『Capernaum』、メキシコの『ROMA/ローマ』、ポーランドの『COLD WAR あの歌、2つの心』、韓国の『バーニング 劇場版』が対象作として挙げられていた。


『万引き家族は』アカデミー賞前哨戦として注目を集める第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞で外国語映画賞に輝き、1月13日に発表となったパームスプリングス映画祭でも、外国語映画に贈られるFIPRECI賞(国際批評家連盟賞)を受賞している。

今回の発表ではレバノンの『Capernaum』、ポーランドの『COLD WAR あの歌、2つの心』、ドイツの『Never Look Away』(原題)、メキシコの『ROMA/ローマ』の5作品がノミネート入りを果たした。


さらに長編アニメーション部門には細田守監督『未来のミライ』がノミネート。そのほか『インクレディブル・ファミリー』、『犬ヶ島』『シュガー・ラッシュ:オンライン』『スパイダーマン:スパイダーバース』がノミネートを果たしている。

第91回アカデミー賞授賞式は2月25日(日本時間)、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催される。

共通テーマ:日記・雑感

生田絵梨花 [芸能]

初版部数が20万部、さらに発売前に2万部の重版で話題となっている乃木坂46の生田絵梨花(21)の2nd写真集『インターミッション』(22日発売・講談社)から、純白のランジェリーをまとったカットが先行公開されたようです

 このカットはニューヨークのアパートの一室で撮影された一枚。大胆に肌を見せた生田がベッドの上で髪をかきあげた瞬間をとらえており、生田の抜群のスタイルがヘルシーな雰囲気で表現されている。

 これまでに先行公開されたカットには、同性からも「細いのにメリハリのあるスタイルがすごい」「女性らしいラインがステキ」と羨望の声が寄せられている生田。乃木坂46メンバーは女性からの支持も高く、多くのファッション誌にもモデルとして起用されているが、生田も1月30日発売の『anan』で初ソロ表紙に抜てき。表紙では美しいくびれと腹筋を披露し、新しい魅力を開拓し活躍の幅を拡大している。

 本作はミュージカル女優でもある生田の希望も反映され、昨年9月にミュージカルの本場といえるニューヨークで撮影を敢行。生田は写真集の撮影を振り返り「ここまでの表現をするのは、本当に初めてなので、みなさんがどういう反応をするのか、ちょっぴりドキドキしていますが、とても素敵な作品になったと思うので、楽しみにしていてください!」とコメントした。

 今年110周年を迎える出版元の講談社の歴史において、女性ソロ写真集として史上最多となる22万部でスタートすることが決定。公式ツイッター【@erika_newyork】ではオフショットやメンバーが写真集を見ている動画などを公開し、早くも2019年を代表する作品となりそうだ。



タグ:生田絵梨花

共通テーマ:芸能

紅白歌合戦 嵐 [芸能]

“嵐5か年計画”にほころびが出るかもしれない。2016年からNHK「紅白歌合戦」の白組司会をリレーしているのは嵐のメンバーだ。今年、来年の大みそかも、嵐の「紅白司会未経験者」が交代で担当する計画になっていると本紙は既報した。だが、このプランに狂いが出そうだ、との声が出ている。しかも嵐に代わる司会者として浮上しているのが、関ジャニ∞・村上信五(36)のようです

 2018年の紅白では米津玄師がテレビで初の生歌を披露し、松任谷由実がサザンオールスターズと最後を盛り上げれば、総合司会の内村光良が八面六臂の大活躍をして話題になるなど、視聴率も第2部が41・5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と前年を2・1ポイント上回り、番組の評判も高かった。

 この結果“神回”とまで言われたが、意外なほど存在感を見せられなかったのが白組司会の櫻井翔だ。紅組司会の広瀬すずは、歌手名を間違えたりグダグダだったが、それでも話題にはなった。それに比べて櫻井はほとんど話題に上らず。

 ある芸能関係者は「内村のような派手さはなく、かといって広瀬のようにダメダメでもない。すべてを無難にこなしたからかもしれませんが、今回の櫻井の目立たなさは尋常じゃなかった。最後に白組が勝ったときに優勝旗を持って喜んだのが唯一の見せ場だった?と言われるくらいで、ネット上では“空気”と言われていました」。

 もともと櫻井は司会力があり、紅白も慣れ親しんだ舞台。ミスもせずにサクッとできてしまうのは力量あってこそだが、それが目立たなかったとはなんとも皮肉。16年に相葉雅紀が司会を務めてから、一昨年の二宮和也を経て櫻井へとリレーした。19年、20年は残り2人の嵐メンバー(松本潤、大野智)が司会をする計画だったが…。

「2020年まで紅白の司会は嵐のメンバーで、と内定していたようですが、どうなることやら。白組の司会にも内村さんのような活躍が求められることになったら“嵐5か年計画”を見直して別の人選で!という声が出てきてもおかしくないでしょうね」(テレビ関係者)

 その「別の人選」で名前が挙がるのが関ジャニ∞の村上だ。ご存じ、マツコ・デラックス(45)との異色コンビで人気のバラエティー番組「月曜から夜ふかし」(日テレ系)では、「アドリブにも対応できる村上のトーク力を評価する声は多い」(制作会社スタッフ)。

 昨年3月に放送された「世界!極限アーティストBEST20」(日テレ系)の収録後に行われた取材会では、一緒にMCを務めたビートたけし(72)からも「知識も豊富、大阪人らしく“いい間”をしているし、下手すりゃ紅白の司会者になるんじゃないかな」とMC力を絶賛された。

「嵐の松本、大野では今の村上のMC力には勝てない」(前出スタッフ)

 村上はかねて紅白司会への熱い思いを公言しており、昨年の紅白のリハーサルでも目標に司会就任を掲げて「関ジャニ∞と個人とで2回、やります」と宣言。メンバーの横山裕から「“やりたい”じゃないんか?“やる”んか!?」とツッコまれる場面もあった。

 前出の芸能プロ関係者は「嵐がここまで続いては、サプライズ感もない。その証拠に昨年、櫻井と発表されても、大きな話題にもならず、マンネリ感も否めない。逆に『また嵐?』といった批判すら招きかねない。だったら同じジャニーズだし、MC力の評価が高く、なおかつお笑いの要素もある村上にしては?という話が出てきてもおかしくないですよね」。

 村上が嵐を飛び越せば下克上的な「サプライズにつながる」ともいう。昨年の紅白から半月余り。すでに今年の大みそかへの“戦い”は始まっている。

共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -

SEO対策テンプレート