So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

夏菜 キャバ嬢 [芸能]

女優、夏菜(28)がインターネットテレビ局、AbemaTVの連続ドラマ「ハケンのキャバ嬢・彩華」(10月9日スタート、月曜後10・0)に主演することが17日、分かった。昼は地味なOLで夜は客のトラブルを解決する伝説のキャバクラ嬢になり、時代劇「必殺仕事人」の中村主水の二面性をほうふつさせる主人公を熱演。胸元と背中全開の衣装のドレス姿を初披露した夏菜は「スカッとする作品!」とアピールした

夏菜が“夜の蝶”となって、甘い蜜を吸う悪人たちを美しく成敗する

「ハケンのキャバ嬢・彩華」は、朝日放送とAbemaTVの初の共同制作オリジナルドラマ
夏菜が演じるのは、昼は信用金庫で働くさえないOL・花。彼女には裏の顔があり、夜になると大阪・ミナミのクラブで伝説のキャバ嬢・彩華に変身し、客や同僚のトラブルを解決していく

二面性があるキャラクターは、普段はうだつの上がらない同心だが、裏では悪を成敗する殺し屋に変身する「必殺仕事人」の主人公・中村主水に通じる。主水は剣の達人だが、彩華は“必殺技”の宴会ゲームで夜の街の悪を打ち負かす

取材に応じた夏菜は、胸の谷間と背中全開の真っ赤なドレスを着たキャバ嬢姿を披露。2011年公開の映画「GANTZ」で後ろ姿の全裸やセクシーボディースーツ姿を披露しているが、「『GANTZ』以来のセクシー度。がっつり出ています!」と露出度高めの衣装をアピールした

ネットドラマは地上波と比べて表現方法が幅広く、「女の子たちのおっぱいやお尻にも注目してください」とネット作品ならではの“特典”をお茶目に明かした

連ドラ主演は、12年度後期のNHK連続テレビ小説「純と愛」以来約5年ぶり。最近はバラエティーで見せるぶっちゃけキャラも注目されており、「私はドジな役が多いので、新たな一面を見てもらえるのでは」と女優魂を燃やしている

「スカッと気持ちよくなってもらえるし、いい意味でくだらなくておもしろい作品。演じていても、気持ちいいです」と瞳を輝かせる夏菜

共通テーマ:芸能

SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。