So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

ザブングル [芸能]

カラテカ・入江慎也(42)の闇営業問題に、依然として大きな注目が集まっている。言うまでもなく写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)のスクープが発端だが、その“報道姿勢”が密かな話題なのだそうです

 第1弾の記事は、同誌6月21日号に掲載された。長いタイトルを引用すると、以下のようになる。

《振り込め詐欺グループの忘年会に参加してギャラは1人100万円以上? 宮迫博之ほか吉本興業人気芸人が犯罪集団に「闇営業」 参加者はロンブー・田村亮、ガリットチュウ・福島善成、レイザーラモンHG、カラテカ・入江慎也ほか》

 記事の内容はタイトルの通りだから割愛するが、話題になっているのは、見出しの末尾にある「ほか」だ。この特集記事は4ページあり、6枚の写真が使われている。その中の1枚に、編集部が以下のようなキャプションを付けたものがある。

《参加した芸人たちの集合写真。マイクを持つ宮迫の右にいるジャケットの男は、詐欺グループの主犯格だ》

 掲載写真は一応、芸人たちに気を使ったのか、顔の周辺にぼかしが入っている。それでも宮迫と入江の姿は何となく分かる。そして同じように、お笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介(42)と加藤歩(44)の2人も判別が可能なのだ。ネットメディアの記者が解説する。

「ネット上では、問題の忘年会にザブングルの2人がマイクを持って出演し、加藤さんが腕に力こぶを作りながら『カッチカチやぞ』という定番ギャグを披露する動画が拡散しています。FRIDAYが誌面やウェブ版に出したものではなく、『忘年会を主催した詐欺グループ関係者のツイッターに掲載されていた』という説明がつけられている場合もあります」

 ところが、FRIDAYの記事には、どこにも「ザブングル」の文字がない。つまり編集部は、ザブングルを「ほか」と表記したわけだ。

「無名の芸人ならともかく、ザブングルの2人は売れっ子です。おまけに加藤さんの顔は、ご自身が『将棋の駒みたい』と自虐ネタで使うほどインパクトがあります。“知顔度”も非常に高いわけです。FRIDAYがぼかしを入れても、あまり効果はなかった。なぜFRIDAY編集部はザブングルの名前を書かなかったのか、ネット上では非常に話題になっています」(同・ネットメディアの記者)

 ちなみにツイッターでは、こんなツイートも話題のようだ。

《反社会的勢力の忘年会に闇営業をして参加し、一番顔がハッキリ見えているにも関わらず、ネットニュースにもほとんど名前が出ず、全然叩かれないザブングル加藤。こういう人間に、私はなりたい》

「干される」と報じたメディアも
 民放キー局でバラエティを担当するスタッフも「『なぜ名前が消されたのだろう』と現場でも話題ですよ」と明かす。

「入江さんが解雇となり、宮迫さんを筆頭に“同席者”は厳重注意。更にSNSでも謝罪を表明しました。私たちテレビで仕事をする人間は、『これで収束するんだろう』と思っていました。ところがFRIDAYが翌週に第2弾の記事を掲載し、『入江を筆頭に同席芸人が、反社会的集団の忘年会と認識していた可能性』と、『ギャラは絶対に払った』という主催者側の証言を掲載、芸人側の弁解に真っ向から反論したのです。これで世論が再燃しました」

 再び問題の関心が高まったことも、ザブングルの動画が広範に拡散していく要因になったようだ。

「松尾さんと加藤さんは以前、別々のコンビで名古屋吉本に所属していました。ザブングルの結成は1999年で、M-1グランプリへの出演などで、徐々に知名度を高めていきました。今はワタナベエンターテイメントに所属しています。そのため、テレビ局の中では『FRIDAYはナベプロに忖度したのか?』という声もありますが、あの記事では吉本興業には全く気を使っていないので、それも理屈に合いません」(同・バラエティ番組スタッフ)

 ちなみにネット上では、「ワイドショーなどでもザブングルの名前が報じられない」ことを問題視する声があるが、これは単純な理由からだという。

「それは単に、FRIDAYさんがザブングルの名前を書いていないからです。テレビ局としては、『FRIDAYさんが、このように報じた』を大義名分にして乗っかっているわけで、雑誌に書かれている以上のことはオンエアしません。そのため私たちテレビの人間は、『なぜ、FRIDAYさんはザブングルの名前を書かなかったんだろう』と疑問に思うしかないわけです」(同・バラエティ番組スタッフ)

 夕刊フジは6月15日(電子版)、「雨上がり・宮迫、ロンブー・亮ら『ギャラもらってない』信じられる!? テレビ局も“大甘”で… カラテカ・入江“闇営業”騒動」と弁解を疑問視し、同じ日には東スポ(同)も「宮迫&ロンブー亮『反社知らず』『ノーギャラ』釈明崩れ絶体絶命 スポンサーが追放決断か」と厳しい論調を示した。

 どちらも出席者の中では最も知名度の高い宮迫博之(49)と田村亮(47)の責任を問う記事だが、ザブングルも“無傷”ではいられなかった。

 ネットメディアの「リアルライブ」は「闇営業報道である芸人のコンビ名が書かれなかった理由 今後干される?」との記事を配信、《出版業界関係者》の「ザブングルは今後、干される」と“予言”するコメントを掲載した。

 こうした報道に世論がどう反応するかが、今後の動向を大きく左右しそうだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年6月18日 掲載
タグ:ザブングル

共通テーマ:お笑い

SEO対策テンプレート