So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

市井紗耶香 [日記]

立憲民主党の比例代表で参院選(7月4日公示、21日投開票)に立候補する「モーニング娘。」元メンバーの市井紗耶香氏(35)が29日、東京・恵比寿で「憧れ」という蓮舫副代表(51)らとともに初の街頭演説を行ったようです

 蓮舫氏と同じく、黒のインナーの上に白いジャケットというコーディネート。やや緊張した面持ちで表情でマイクを握り、「この度、立憲民主党の比例代表で参院選に挑戦させていただくことになりました市井紗耶香です」とあいさつした。

 「14歳から2年間、モーニング娘。として活動した」とアイドル時代に触れつつ、2~14歳の4人を育てる子育て世代の1人として現状を説明。働きながら子育てする母親の心身の負担や経済的負担が大きいとし「このような問題を社会全体で考えて変えていきたい」と訴えた。

 終了後、“蓮舫コーデ”について「何も打ち合わせはしていない。白は普段着たことがなく、もの凄く新鮮で身が引き締まる思いです」と説明。“デビュー戦”で「長女は12歳…」と言い間違える部分もあるなどスピーチにも緊張感がにじみ「(タレント活動の)ステージとは全く違う緊張感ですね」と振り返った。今後は子育てを両立させながら、比例代表としての活動を本格化させる。

 この日は同党から東京選挙区で出馬する元都議の塩村文夏氏(40)も市井らと肩を並べてマイクを握った。
タグ:市井紗耶香

共通テーマ:日記・雑感

山中章子アナ [日記]

フジテレビの山中章子(あやこ)アナウンサー(33)が3月に結婚していたことが27日、分かったようです

 複数の関係者によると、お相手は30代の一般男性で、3月28日に婚姻届を提出。山中アナは妊娠しておらず、今後も仕事を続ける。

 山中アナは津田塾大出身で、2009年に同局に入社。新人時代は「アナ★バン!」のMC“章子お姉さん”として親しまれ、その後は情報・報道番組で活躍。安定感あるアナウンス技術で、情報番組「とくダネ!」(月~金曜前8・0)の水曜と木曜、昼のニュース番組「Live News days」の週末版などに出演している。

共通テーマ:テレビ

妻が綺麗過ぎる [日記]

「TikTok」なる動画アプリをご存知か。短い動画を投稿し合い、10代を中心に爆発的人気を誇るSNSで「妻が綺麗過ぎる。」と題された夫婦のアカウントが話題沸騰中だ。現在、フォロワーは60万人超、さらに妻が元タカラジェンヌというからネットは騒然となった。そこで、本人に秘密の花園について語ってもらった。

 2017年に日本でサービスを開始したTikTokのユーザー数は国内だけで950万人とされる。15秒程度の動画を投稿し、それを視聴し合いながらコメントをつけることも可能。

 今年の3月、忽然と現れたのが、先のアカウントだった。開設からわずか1週間でフォロワー10万人を突破。さては奇抜な動画で、と思ったら、何のことはない。“綺麗な妻”と夫との日常での掛け合いを投稿しているだけという内容なのだ。

 料理したり、歌ったり、2人でおどけたり……。ある動画の再生回数は1200万回以上を記録した。

「僕らも最初はFacebookに登録するような気軽な感じで始めたのでびっくりしています」

 とは、コンサル会社に勤める24歳の会社員である夫の談。

「アカウント名も僕があまり考えずに決めました。正直、ここまでの人気になるとは思いませんでしたね」

 困惑する夫に代わり、今度は一つ年上の妻が言う。

「夫婦のほっこりした感じが受け入れられているのかな、と思っています。実際、インスタなどで恋愛相談も寄せられているんです」

 仲睦まじい様子が支持を集めている一方で、妻の正体にも注目が集まっていた。時にキレのいいダンスを動画で見せるなど、すでにネット上では宝塚出身であると囁かれている。

髪飾りは手作り
 改めて妻に聞くと、

「桜花りなという名前で活動していました。幼いころからミュージカルや舞台に興味があって、2010年、高校を中退し、宝塚音楽学校に入学したんです」

 そう本誌(「週刊新潮」)に明かす。桜花さんは2年で学校を卒業し、宝塚歌劇団に入団した。

「辞めるまでは宝塚市の寮に住んでいました。規律や上下関係は厳しく、当時は先輩と2人部屋で、先輩が寝るまでは部屋に入れなかったり、着替える時はクローゼットの扉の接着面に絆創膏をはって音が出ないように工夫をしたり。給料制で、髪飾りは頑張って手作りするなど、苦労もありました。でも宝塚では、舞台のための一致団結を学校や寮生活で叩きこまれます。それがいまも役に立っています」

 歌劇団には5年在籍し、2017年に退団した。

「もう走り切ったな、と思って上京し、新たに仕事を始めました。宝塚という特殊な場所から一般社会に移ると、寮と違って相談できる人もいないし、環境の違いに戸惑うことも。宝塚は恋愛ができないので、結婚を意識して20代半ばで辞める子は多く、その後のキャリアに悩む人もいます」(同)

 彼女は東京でいまの夫と出会い、結婚。思わぬ形で“動画デビュー”したというわけだ。すると、今後の芸能活動も想像するが、

「TikTokでは収入はゼロなんですよ。最近になって、ユーチューバーとして活動を始めましたけど、あくまで夫婦の趣味のような感覚です」(夫)

 宝塚歌劇団の初公演から今年で105年。これも新しい“芸”の形である。

「週刊新潮」2019年5月30日号 掲載

共通テーマ:日記・雑感

高須克弥院長 [日記]

高須クリニックの高須克弥院長(74)が、ツイッター上でバトルを繰り広げていた立憲民主党会派の小西洋之参院議員を「許してあげないことにしました」と刑事告訴する意向を示したそうです

事の発端は、高須氏の13日のツイート。丸山穂高衆院議員が北方領土問題の解決手段として「戦争」と武力に言及した問題に、「北方四島は日本領なんだから『奪回防衛実効支配』と表現すべきですね。自説は、国会で堂々と発言してください。日本は民主主義国家です。丸山議員は憲法が守ってくれます」とコメントすると、小西氏が「『戦争』発言は『武力行使の放棄』を定めた9条違反であり、平和的解決を定めた日ソ共同宣言違反である。高須氏をCMに登場させることは法令尊重、国際親善等を定めた民放連放送基準に抵触するのではないか」と異議を唱えた。

高須氏は「言葉狩りしかできない議員さんの発想はお笑いレベル 僕は『戦争』って単語は使ってません。僕の発言に何か問題でも?」と反論するとともに、「刑事告発できるかもしれないな。やってみようかな」と法的措置を検討していたが、その後、小西氏も「高須氏が弁護士に相談すべきは、ホロコースト否定発言も含め、自身のCM出演が民放連の放送基準に違反しないかである。高須氏が不当な行為に及ぶなら強力な法的措置で対抗する。同時に、放送倫理委員会(BPO)に高須氏出演CMが民放連基準に違反しないか審査申し立てを行い、国会でも取り上げる」と徹底抗戦の構えを見せた。

高須氏は、小西氏の発言を受け「ますます訴因が増えちゃうではないか 墓穴がどんどん大きくなっている小西参議院議員なう」とツイート。謝罪を受ければ不問に付す用意もあったという高須氏だが「小西代議士が深追いしてきた。今回は許してあげないことにしました。なう」(原文まま)とした。

共通テーマ:日記・雑感

いだてん [日記]

NHK大河ドラマ「いだてん」の第16回が4月28日に、第17回が5月5日に放送され、関東地区の平均視聴率が、第16回は7・1%(関西地区8・0%)、第17回は7・7%(関西地区8・6%)と、ともに7%台だったことが7日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの同作最低は3月31日に放送された第13回の8・5%だったことから同作のワースト記録となったそうです

また、これまでの大河ドラマのワースト記録は12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%で、第16回の7・1%は、これを更新した。

4月28日放送の第16回は、降板したピエール瀧被告の代役として起用された三宅弘城が登場して作品に新たな風を吹き込んでいた。また、孝蔵(森山未来)も落語の才能を開花する気配を見せるなど明るい雰囲気を漂わせていた。5月5日放送の第17回はマラソン選手育成を目指す金栗四三(中村勘九郎)と日本における駅伝の始まりが描かれた。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)
タグ:いだてん

共通テーマ:日記・雑感

千原せいじ [日記]

タレントの千原せいじ(49)が21日放送のテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」で、新1万円札に実業家の渋沢栄一の肖像画が採用されることへの韓国メディアの反発に対し「ほっといてほしい」と、不快感をあらわにしたそうです

 韓国メディアは「日本の帝国主義時代に朝鮮半島の経済を奪い取った主役」(朝鮮日報)と強調。渋沢が設立した第一銀行が大韓帝国時代の1902~04年に朝鮮半島で発行した紙幣に渋沢の肖像画が使われたことを「朝鮮半島の初めての近代的な紙幣に登場し、韓国に恥辱を抱かせた」と主張した。KBSテレビは「過去の歴史を否定する安倍政権の歴史修正主義が反映された可能性がある」との見方を伝えた。

 せいじは「ほっといてほしい。そもそもよそさまのお札に文句をつけるなんて、俺がもし逆に韓国国民なら、恥ずかしいからやめてって思う。そういうことじゃないからっていう」と、韓国メディアの反発に不快感。

 「地球上でそんな人と国なんてあるんやろうかと思って。地球上で。関係ない、全く関係ない隣の国の紙幣が変わったいうことを、ウチは腹立つって言うような国が地球上にあるんやろうかと思って、衝撃でした」と、驚きをあらわにした。
タグ:千原せいじ

共通テーマ:日記・雑感

宇垣美里アナ [日記]

TBS宇垣美里アナウンサー(27)が31日をもって、同局を退社した。1日から米倉涼子、上戸彩らと同じオスカープロモーションに所属しフリーアナとして活動するそうです

同事務所を通じてコメントを発表し「せっかく立場をかえ、違う景色を見ることができるようになったので、自分で限界を決めず、いろいろなことに挑戦したい」と意気込んだ。

所属先として複数のプロダクションと話をしたといい、同事務所に決めた理由も明かした。「ドラマ、バラエティー、舞台、映画など総合的にマネジメントをやっておられる事務所と感じました。今後MC以外の仕事が充実できると考え、お世話になることを決めました。これからさまざまなことに挑戦できると思うと、今から楽しみ」とアナウンス業以外の女優業挑戦などにも意欲をにじませた。

31日、同局系情報番組「サンデー・ジャポン」に生出演し退社を報告。フリーになった後もTBSラジオ「アフター6ジャンクション」(火曜午後6時)と同「篠田麻里子のGOOD LIFE LAB!」(火曜午後9時30分)の仕事は継続するという。

共通テーマ:日記・雑感

たまむすび [日記]

麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたピエール瀧容疑者が出演していたTBSラジオ「たまむすび」は14日、瀧容疑者が出演予定だった木曜日の放送を迎え、パーソナリティの赤江珠緒が1500通ものメールが届いたことを明かし、リスナーに感謝したそうです

 瀧容疑者がレギュラー出演していた木曜日となり、番組はピンチヒッターに月曜レギュラーのカンニング竹山を迎えて放送を開始。赤江から「ありがとう、来て下さって。お忙しいのに」と感謝された竹山は「昼間空いてたから、かみさんと買い物に行く約束してた。でも行きたくなかったのよ。木曜、行きたくねえなって思ったから(瀧容疑者逮捕を知って)すぐに電話した。俺、空いてるぜって」と自ら名乗り出たことを明るく話した。

 前日の放送で、赤江は涙ながらに謝罪したが、その真意について「私が謝罪したのは瀧さんのことではなく、私が申し訳ないと思ったのは、この番組が店だとしたら、朗らかなバカっぽいお話をお届けするのに、今日はその商品をお届けすることができなかった。その申し訳なさで謝罪した」と説明。「本当の謝罪は本人から」と付け加えた。

 この前日の放送中も、放送後もリスナーから続々と瀧容疑者に関するメールが届き続けたといい、赤江は「夜中もドンドン。1500通以上、瀧さんについていろんな思い、メールで届いてます」と語り、社会復帰を支えてあげてほしいなどといったメールを紹介した。

 「瀧さんが作ったものを喜んでいる人が大勢いる。1500通読んでも伝わってくる」と赤江は感謝。そして改めて「たまむすびは明るくお届けしたい」と約束していた。
タグ:たまむすび

共通テーマ:日記・雑感

小川彩佳アナ [日記]

吉田明世アナ(30)に続き、宇垣美里アナ(27)が退社するTBS内部で混乱が続いている。看板番組「NEWS23」のメインキャスターに3月末でテレ朝を退社する小川彩佳アナ(34)が6月にも就任するといわれ、アナウンサーVS上層部の対立が勃発。次の人気アナ流出、アナウンスセンターの解体危機に発展しているそうです

「10年後、いや3~4年のうちにアナウンス部門が廃止されているかもしれません」(編成幹部)。この冗談のような話が現実になるかもしれないとささやかれているのがTBSだ。

 1月末で吉田アナが退社。そうかと思ったら今度は若手の宇垣アナまでもが3月末での退社を表明した。この一連の退社騒動に蜂の巣をつついたような騒ぎになっているのが同局編成局アナウンスセンターだ。

「ここ数年だけでも田中みな実、久保田智子、吉田と、エース級のアナウンサーたちが続々とフリーになった。宇垣もまだ若いですが、将来のエースアナ候補だったんです。皆が聞くのが『なぜ辞めるのか』という質問。簡単なことですよ。答えはTBSのアナウンス部門には未来もなければ新人を育成しようという気概も感じられないということ。今後もどんどん、アナウンサーが辞めていくと思います」(事情通)

 さらにアナウンスセンターに危機感が広がっているのが、リニューアルされる看板番組「NEWS23」のメインキャスターに、3月末でテレ朝を退社する小川彩佳アナが内定したことだという。

 現在のメインキャスターは、元同局アナでフリーの雨宮塔子アナ(48)が務めているが、6月にも小川アナと交代すると報じられている。

 TBSのOGの雨宮と違い、去年までライバル番組のキャスターをやっていた小川アナをメインに起用するというTBS上層部の動きに対し、疑問の声を上げ始めたのが、アナウンスセンターだ。人気の安住紳一郎アナ(45)を筆頭に局アナらが不満を漏らしているという。

「現在、エキスパート部次長という役職で責任感もある安住は後輩のためにも『日頃から制作費がないと声高に叫ぶのであれば、自局のアナウンサーを起用すべき。上層部は目先の視聴率しか気にしていない』と声を上げた。今後の局の出方しだいでは、安住も退社してしまうかもしれません」(編成関係者)

 局アナらの不穏な動きに対し、上層部は真顔で「アナウンス部門廃止論」まで持ち出し、対応する姿勢だという。

「局アナにも不満はあるだろうが当然、局側にも言い分がある。必死になって局アナを育て上げて一人前になると当然のようにフリーになると言って出て行ってしまう。アナウンサーは10年で一人前になるという世界で、辞められたら元が取れない。それなら、いっそのことアナウンスセンターを廃止し、大きな番組にはフリーで視聴率が取れるアナを起用した方が安く上がるんですよ」(関係者)

 フリーに転身した吉田は大手芸能事務所アミューズに所属し、4月からの新番組「噂の現場急行バラエティー レディース有吉」(フジテレビ系)の司会に抜てきされた。3月末で退社する宇垣アナも4月から大手芸能事務所オスカープロモーションに所属し、すでに大きな仕事が内定しているという。

「TBSでは頑張っても大きな番組を任されない。辞めれば他局で仕事があると、2人をマネて退社を考えるアナウンサーが続出すると思います」(制作関係者)

 TBSはアナウンスセンターの混乱を収めないと、安住アナら、次の人気アナの流出を招きかねない。

共通テーマ:日記・雑感

永野芽郁 [日記]

映画『君は月夜に光り輝く』で、不治の病を患いながらも前向きに生きようとするヒロイン・渡良瀬まみずを切なくも瑞々しく演じた女優の永野芽郁。昨年4月にスタートしたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』、年明け第1弾の衝撃ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ)、そして今春公開の本作と、話題作に立て続けに出演し、女優として激動の1年を走り抜けた永野が、よりポジティブになった自身の成長について、思いを語ったそうです


 本作は、第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の同名小説を、『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が映画化した感動のラブストーリー。死期が近づくにつれて皮膚が光る原因不明の不治の病“発光病”を患う女子高生・まみず(永野)と、彼女が叶えることのできない願いを“代行体験”という形で実現していくクラスメイトの岡田卓也(北村匠海)が、限られた環境と時間の中で精一杯、青春を謳歌(おうか)する姿を描く。

 短い人生に未練を残さぬよう代行体験を卓也に託すまみずについて永野は、「体験できないつらさがさらに増すと思うので、ある意味、自分の首を絞めることにもなりかねない行為。それでもやりきるところが、まみずは誰よりも強い女の子だなと思いました。私には絶対マネできない」と目を丸くする。さらに永野は、「まみずは自分の性格も、感情も、生きざまも、全てわかっている。自分よりも周りの人間が幸せになるなら、迷わずその方法を選ぶところもすごいなって。私は自分のことがあまりわかっていないから、まみずの冷静な思考や行動に心から憧れる」と思いを吐露。

 ただ1点、まみずと共有できる思いがあるという永野。それは、本作を象徴するキーワード「私は私で良かった」と、自身の人生を肯定する姿勢。もともとネガティブで落ち込みやすいタイプだった永野だが、この激動の1年を通して、かなりポジティブに変わったという。「自信がないときとか、人と比べてしまうときって、自分の劣っている部分ばかりを見てしまうけれど、結局、自分は自分で変えられない。だったら、こんな自分でも、好きだと言ってくれるファンの方や、大事に思ってくれる家族やスタッフがいるんだから、“私は私でいいじゃん”って受け入れた方が、絶対に幸せだなと思う瞬間があって…。そこからは、すごく自分に対して肯定的になれた」と笑顔を見せる。


 さらに、人とのコミュニケーションにおいても成長を実感したという永野は、「もともと人見知りをすることなく、誰とでもすぐに仲良くなれるタイプだったのですが、この1年、あっという間に時間が過ぎていく中で、一瞬一瞬に人とコミュニケーションを取るスキルがどんどん高くなっていったように思います。ただ、1つ悩みがあるとすれば、大人の現場に慣れていた分、『3年A組』のように同年代に囲まれると、何を話せばいいのかわからなくなって、逆に緊張しちゃうんですよね(笑)」と意外な一面を見せていた。

 将来のヴィジョンは持たない主義。「目標を立ててそれを達成すると、何もしなくなっちゃうタイプなので、目の前にある作品に集中したい」と語る永野。「いただいた役と一生懸命向き合って、とにかく自分なりにがんばっていくだけ」…今年、20歳を迎える永野に迷いはない。(取材・文:サカタマサキ 写真:高橋ゆり)

 映画『君は月夜に光り輝く』は3月15日より全国公開。
タグ:永野芽郁

共通テーマ:日記・雑感

SEO対策テンプレート